1. TOP
  2. Dr.松岡のなるほど!健康学
  3. > 「リセット」の気づきは女性優位

健康コラム

2018年6月7日

Dr.松岡のなるほど!健康学

「リセット」の気づきは女性優位

top

では、何歳ごろからなの?ということですが、女性の場合は、ずばり「閉経」の時期。その数年前からが、リセットの大きなチャンスですね。
女性が一生のうち分泌する女性ホルモンの量は、わずかにティースプーン1杯ほどなんです。それほど少ない量ながら、女性ホルモンがつかさどる働きは、月経生理や妊娠などに関係する女性専科に限らず、脳や骨、血管、胃腸や皮膚、粘膜などにいたるまで、驚くほど広範囲にわたっています。女性が男性よりも長生きなのも、この女性ホルモンの恩恵によるところが大きいといわれています。

 

それほど重要な働きをする女性ホルモン、エストロゲンはエストロンエステリオール、さらに、エストロンの約10倍、エステリオールの100倍の強い作用を持つに相当するエストラジオールの3つからなってますが、約50歳ごろ、閉経を境にエストロゲンの減少とともに、最も機能の高いエストラジオールの分泌量が同年代の男性と同じくらいになり、60才では女性は男性の1/2まで減るためなんと約100分の1の値まで、急激にその機能が落ちこんでしまうんです。

 

それに伴い、女性ホルモンがつかさどってきた免疫や脂肪の代謝・分解する働きも低下します。閉経を機に、それまでと同じ内容の食事をとっていても、内臓脂肪がどんどん増え、太りやすくなって、わずか1か月で5キロも体重が増えてしまうようなケースも少なくないんですね。
また、女性の閉経の前後10年間ほどの更年期といわれる間は、精神的にも不安定になりがちで、不定愁訴も起こりやすくなり、身体的には骨粗鬆症のリスクも上がります。そうした心身の変化がシグナルとなって、この時期、女性の多くは、「このままじゃまずい!」ということに気づき、食生活をはじめとするライフスタイル全般を見直して、健康にも気をつけるようになります。

 

一方男性のほうはどうかというと、女性のように目に見えてはっきりとした切り替えの兆候がありません。そのため、とくにサラリーマンなどの場合、定年を迎える60歳から65歳までは、若いときと同じペースのまま、一気に突っ走ってしまう傾向にあるんです。
そのまま無事にゴールまで走り切れればラッキーですが、途中で息切れがして、がんに代表されるような大きな病を患ったり、定年後、急に病に倒れてしまうような例も珍しくありません。
女性に比べ、男性のほうが「健康寿命」が短く、がんにかかる率もグンと高くなっているのは、こうした背景があるのではないかと思われています。

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る