1. TOP
  2. > 産学官共同研究 IT-はなびらたけプロジェクト

産学官共同研究 IT-はなびらたけプロジェクト

さまざまな病気への効用が経験的に知られてきたものの、入手が困難で幻のキノコとされてきたハナビラタケ。Ⅱ型糖尿病およびⅠ型アレルギーに関するハナビラタケの有用性について臨床研究を進めてきたインタートレードが、東京女子医大、産業技術総合研究所とともにハナビラタケの可能性を探る新たな共同研究をスタート!

はなびらたけ

「薬による副作用などに不安を感じる」という人が増えている昨今。副作用に悩まされることの少ない天然由来の素材にこそ、大きな可能性があると考え、今回の共同研究を開始しました。変化する環境や生活習慣の中で、免疫機能の低下や過剰によって引き起こされるさまざまな不調を予防・改善するために、ハナビラタケの有効成分に注目しています。

    

インタートレードのハナビラタケ事業

上質なβ-グルカンやアミノ酸、その他の有効成分を豊富に含む白キノコ、ハナビラタケ。標高1,000メートル以上で限られた条件の環境にのみ生息し、夏に成長します。最新の栽培技術により、この希少なハナビラタケを高品質かつ大量に栽培することができるようになりました。インタートレードグループは2012年より、100%子会社の株式会社らぼぉぐが中心となり、ハナビラタケの生産および加工を行っています。

    

プレスリリース「ハナビラタケ共同研究開始のお知らせ」は、株式会社インタートレードウェブサイトにて全文掲載しています。

http://www.itrade.co.jp/
はなびらたけ商品
        
この共同研究で使用している、
はなびらたけを使った商品を見る
           はなびらたけ商品一覧へ

ページの先頭へ戻る