1. TOP
  2. 健康コラム
  3. > スーパーフードって、なに?

健康コラム

2017年11月20日

健康プラザパル ~茅場町研究室より~

スーパーフードって、なに?


 アサイー、チアシード、ココナッツオイルなどなど。カラダに役立つ食品としてスーパーやコンビニなどでも目にしたり、耳にすることが増えましたが、これらが「スーパーフード」と呼ばれる食品です。
一般的にスーパーフードとは、日々の食生活の栄養バランスを整え、老化や生活習慣病の予防に役立つ、カラダを酸化から守る、ガンのリスクを遠ざけるなど、健康で若々しいカラダを維持するために役立つ成分のことを指します。
しかし、スーパーフードにははっきりとした定義が決まっている訳ではないので、参考に「日本スーパーフード協会」が提唱する定義を御紹介します。


スーパーフード

【スーパーフードの定義】
*栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。 あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
*一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、 料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。


現代社会を救うスーパーフード?!

 私たちを取り巻く環境は色々な部分で変化をしています。長寿の促進、高齢化社会、食生活の欧米化、外食の機会の増加、レトルト食品の活用、ストレス社会などなど挙げればキリがありませんが、健康や若さを維持するためには老若男女問わず日ごろからの努力やサポートが必要な時代ともいえます。
そんな中で活用して欲しいひとつが「スーパーフード」。健康や若さを維持するために必要なことは沢山ありますが、食生活が乱れ気味であり、長寿国である私たちには、年齢に応じたカラダへのサポートが必要なのです。


注目のスーパーフード〝ハナビラタケ″

 このようなスーパーフードの中で、最近、新たなスーパーフードとして認められた食品が「ハナビラタケ」です。
「ハナビラタケ」は、カラマツ等の針葉樹林に自生するキノコのひとつですが、非常にデリケートで、生育環境が限られ希少性が高いため、一般的にはあまり知られていないかもしれません。
しかし、免疫力などを向上させることに役立つβ-グルカンが非常に豊富に含まれていることなど、健康をサポートする食品として古くから活用されてきました。そのハナビラタケに、子供から御高齢の方までのカラダを守るためのスーパーフードとしての役割もあることが分かったのです。


ホルモンの影響を受けやすい女性に…

 女性は、元々、女性ホルモンの影響を受けやすい傾向がありますが、それが顕著に現れるのが「更年期」。
卵巣機能が低下することで女性ホルモンのうち「エストロゲン」というホルモンが減少し、その状態に体が適応できないことで様々な症状が体に現れます。


<<ホルモンの乱れによる代表的な症状>>
自律神経失調症:ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、発汗異常、冷え性、睡眠障害、めまい、耳鳴りなど
精神状態:精神不安定、不安感など
その他:肩こり、関節痛、筋肉痛、胃腸障害、皮膚のかゆみなど


 しかも、このような症状が出やすい時期は、自分自身だけではなく、お子さんや旦那様、御両親のことなど、家庭や社会環境などの変化や問題を抱えることも多く、さらに精神的な部分への影響が出やすくなることがあります。
こんなツライ時期に活用できるのが、スーパーフードであるハナビラタケが持つ「植物性エストロゲン」の働きです。
この植物性エストロゲンとは、植物から得られる成分でありながら女性ホルモンの構造と非常に似ていて、ホルモンではないのにホルモンと同じような働きを体内で行ってくれる成分。
更年期はもちろん、ホルモンバランスが崩れやすい女性がもつ様々な悩みを解決するサポート役として期待が持てるのです。
さらに、ハナビラタケには女性ホルモンが減ることによって起こる脂質代謝機能の低下を改善することでコレステロールバランスを整えることにも期待が持てます。


生活習慣が心配な男性に

 高血圧や高血糖、脂質代謝異常、高尿酸血症などなど、いわゆる毎日の生活の乱れが引き起こす生活習慣病は増加傾向。中でも「糖尿病が強く疑われる者」の割合は、12.1%であり、男女別にみると男性16.3%、女性9.3% 。
また、「糖尿病の可能性を否定できない者」の割合は12.1%であり、男女別にみると男性 12.2%、女性12.1%と、男性に至っては3~4人に1人の方が血糖値のコントロールに問題がある可能性があるというデータも出されています。
糖尿病は日常の生活の楽しみを奪うばかりか、将来的に合併症によって、視覚や腎臓機能、神経などに問題を起こす危険性も高くなる怖い病気です。

そこで毎日の生活が不摂生になりやすい方に活用して欲しいのが、ハナビラタケが持つ「β-グルカン」による食後血糖値の上昇を抑える働き。
糖尿病は、血液中の糖分が上手く処理できず血糖値が高くなることから始まりますが、ハナビラタケにはこの血糖値を抑える作用に期待が持てるのです。

さらに、β-グルカンには、コレステロール値のバランスを整える働きにも期待がもて、生活習慣病が気になる世代には嬉しい成分なのです。


家族全員で・・・

 スーパーフードには、私たちの健康を維持するサポート成分が色々と含まれています。食生活が乱れ気味な子供たちの栄養バランスのサポート、免疫力がさがりがちな御高齢の方への免疫機能のサポートなど、ハナビラタケは、家族全員にも役立つ可能性があります。
サプリメントで摂る方法もありますが、ハナビラタケは食材としても楽しめますし、今ではハナビラタケの加工品なども出ています。毎日の生活の中に上手く取り入れて、家族全員の健康サポートのひとつとして活用してみてください。


一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る